ピーリングの肉割れへの効果

MENU

ピーリングで肌の再生を促し肉割れを解消する

肉割れした皮膚というのは、乾燥してくると痒みを伴う事があります。また乾燥は肉割れにとって大敵になりますので、しっかり保湿をしていかなければなりません。乾燥時に痒みが出てくる肉割れに対して有効なものがあります。それがピーリングです。

 

ピーリングをすることで、肌の再生を促すことが出来ますし、乾燥を予防していく事も出き、痒みを抑えることが出来ます。肉割れの部分を掻いてしまうと、さらに悪化してしまいますし、肉割れの痕が改善されにくくなってしまいます。

 

このような事から、ピーリングをセルフケアに取り入れて、乾燥から皮膚を守り、肌の再生能力を高めていくという方法は、お勧めです。

ピーリングとは?

まず知っておきたいのは、ピーリングの効果や使い方です。間違った使い方をしてしまうと、逆効果になってしまう事があるので、しっかりピーリングについて覚えていきましょう。

ピーリングの意味

皮膚には古くなった角質が完全に剥がれ落ちずに残ってしまっている状態が多いのですが、古い角質がいつまでも皮膚にあると、新しい皮膚へ再生することが出来なくなります。つまり、皮膚に残った古い角質を除去する必要があるという事です。その際に有効なのが、ピーリングになります。

 

ピーリングをすると、古い角質を剥がしてくれますので、新しい角質を再生する流れがスムーズに行われるようになっていきます。皮膚は基本的には1か月という期間を使って再生していくものなのですが、加齢やストレス、生活環境などによって1か月のサイクルが乱れてしまう人がとてもたくさんいます。

 

この1か月のサイクルをターンオーバーといいますが、周期が正常な状態であれば、皮膚の再生もしっかりと行われていきますので、まずはターンオーバーの正常化をピーリングで目指します。

肉割れへの使い方

肉割れしている皮膚に対して、ボディ用やフェイス用のピーリング剤を使って、週に1〜2回程度の頻度で使用してください。毎日使用していると、逆に乾燥してしまったり、皮膚に傷をつけてしまったりするので、気を付けましょう。

 

ピーリング剤で軽く皮膚をマッサージしていると、ポロポロと角質が剥がれ落ちてくるので、強く擦り過ぎないように注意しながら、軽く撫でていきましょう。

 

その後はしっかりと保湿をしてください!ピーリングの後にクリームや保湿オイルなどを使用せずに、放置すると肉割れの改善には全く意味がありません。

 

肌を再生させることを考えて、ピーリングをしたらすぐに保湿をするという行動パターンを身に着けておきましょう。