肉割れとセルライトの違い

MENU

肉割れとセルライトは全く違うもの

肉割れとセルライトって同じもの?という疑問を持っている人が多いようです。簡単に言ってしまえば「肉割れとセルライトは全く別のもの」になります。

 

見た目が似ているという事で、肉割れをセルライトだと思い込んでいる人もいるようですので、ここでしっかりとセルライトとの区別を付けていきましょう。

 

セルライトとは?

お腹周りや、太ももに多く見られるもので、見た目は皮膚が凸凹しており、触ってみても凸凹を感じることが出来ます。皮膚の下にある脂肪と老廃物が溜まっている状態で、塊のようになっています。ですから、肉割れと勘違いされてしまうのです。

 

肉割れとの違いは?

原因

肉割れというのは、脂肪の増加によって皮膚が引き伸ばされてしまい、その勢いに付いていけない皮膚が裂けてしまい、亀裂ができるという状態です。セルライトは皮膚の下で増加した脂肪と老廃物が行き場を失い、凝縮されて固まってしまうという状態です。肉割れもセルライトも、脂肪の増加が原因となっていますが、その症状の出方は全く違う形態になっています。

 

症状

肉割れを起こすと、皮膚に亀裂が入ってしまい、見た目も汚くなってしまいますし、例え皮膚の伸びが解消されても、線はなかなか消えません。亀裂が入るという点で、皮膚が裂けているということを忘れてはいけません。セルライトは皮下脂肪が変形してしまい、固まった状態で皮膚が凸凹になるのですが、改善させることによって皮膚は元に戻ります。

 

脂肪には気を付けたい

肉割れもセルライトも、どちらも脂肪が関わっていますので、どちらにせよ脂肪の増加に気を付けてもらいたいところです。予防するのであれば、脂肪や老廃物が蓄積されないように、気を配って生活を送る事が重要になってくるでしょう。

 

肉割れもセルライトも、人には見せたくないような形状になっていますので、解消させる場合も、出来るだけ確実にじっくりしっかりとケアをしていってもらいたいと思います。